引越し


インターネット見積もり

・お引越Q&Aトップ
・手続きに関すること
  引越の前に手続きすること
  引越の後に手続きすること
・荷造りに関すること
  荷造りのときに気をつけること
  荷造りの仕方について
  前もって準備が必要な荷造りなもの
荷造りをするときに気をつけなきゃいけないことは?
→下記の点に注意して荷造りをすれば、後々が楽になります。

1.荷造りは部屋の奥から。

入り口付近の部屋から荷造りをすると、入り口付近が荷物で埋まってしまって大変不便です。奥の部屋から荷造りを始めると、そんなことは無くなりますね。


2.箱詰めは部屋ごとに。番号を割り振っておく。

一部屋ごとに荷造りを行うと、それぞれの荷物がどの部屋の荷物なのか簡単に分かります。 また、タンス・机・引き出しごとに詰め入れても、後で分かりやすいでしょう。 そして、新居の部屋ごとに番号を割り振り、それぞれの荷物をどの部屋に運び入れるか決めておいて、部屋番号に対応させて荷物に部屋番号を書いておきましょう。 荷物の運び入れ作業が何倍にも楽になりますし、荷解きの時にも混乱しません。


3.重い物は小さな箱に。

書籍など、重い物は小さな箱に入れましょう。 大きな箱にたくさん詰めてしまうと、持ち運びが大変です。 小さな箱に分けて入れると、持ち運びもラクです。 書籍は小さなミカン箱ぐらいが目安です。


4.「詰め過ぎ」や「詰めなさ過ぎ」には注意。

中身を詰めすぎると、段ボールの形が変わってしまい、重ねた時に不安定になってしまいますし、中身が破損してしまう可能性があります。 また、詰めなさすぎても、中身が動いて破損しやすくなります。 適度な詰め込みを心掛けましょう。


5.使わないものから荷造りを。

引越し作業が続いている間に使う可能性が高いものは、ギリギリまで詰めないようにしましょう。 荷物の出し入れで大変手間を取ってしまいます。 荷造りは、使わないものから始めましょう。


6.外からでも中身を確認できるように。

外からでも荷物の内容を確認できるようにすると、荷解き作業が大変ラクになります。 取扱いに注意がいるものには、「注意」などと書いておくと良いでしょう。 また、内容を書くのは、段ボールの上部だけでなく、側面にも書いておきましょう。


お引越Q&Aのトップへ




Copyright (C) 2014 JCR All Rights Reserved.